最初に提案してきた物件が優良かどうかを判断することが、優良の不動産屋を見極めるコツです。

MENU

不動産屋のタイプや特徴を見極めよう

 

私たちの生活には必ず「衣食住」と呼ばれる必要最低限の要素が必要となりますが、中でも「」は生活の基盤になるわけですから、もっとも重要な要素と位置付ける事が出来ます。

不動産屋さん

 

私たちが不自由のない生活を送る為には雨風を防ぐことが出来る「住居」をまず最初に確保する必要がありますが、この住居を紹介してくれるのが駅前などに多く軒を連ねる「不動産屋」です。

 

 

不動産屋とは

不動産屋とは

不動産屋とは物件のオーナーから依頼された賃貸物件を希望者に紹介したり、不動産の売買を仲介する仕事を請け負う業者の事を指しますが、一口に不動産屋といってもそのタイプや特徴は実にさまざまです。

 

たとえば賃貸物件の仲介に特化した不動産屋もあれば不動産の売買に強い不動産屋もあり、不動産屋を利用する側はそれらを上手に見極めながら目的に合わせて業者を選んでいく必要があります。

 

また、ほとんどの不動産屋は良心的な仕事をしてくれますが、中には「顧客を取り込むため実際には取り扱っていない魅力的な物件を見せる行為」や「顧客が希望している条件に符号する物件があるにも関わらず、条件と合わない物件から少しずつ小出しにする行為」を行う悪質な不動産屋も少なからず存在しているので、不動産屋を選ぶ際には注意が必要です。

 

大手だからと言って安心は出来ない理由

 

私たちが生活する為の住居を紹介してくれる不動産屋は数多く存在していますが、そのタイプや得意分野は不動産屋によってそれぞれ異なります。

 

大手の場合

たとえば大手の不動産屋であれば比較的、広範囲の賃貸物件の仲介から所有する不動産の売買まで手広く取り扱っている業者がほとんどですが、中小規模の不動産屋の場合は店舗を構える街や地域の物件のみを仲介したり不動産売買の仲介を行っている場合が大半です。

 

中小規模の場合

中小規模の不動産屋はその街々によって独自のコミュニティを築いていることが多く、大手では知り得ない情報を持っている不動産屋も数多く居ます。
逆に大手の場合は広範囲の物件を取り扱っているので住みたい街の物件をスピーディに探す事が出来るというメリットがあります。

 

また、大手の場合は仲介手数料が格安に設定されている事も多く、初期費用を抑える事が出来るという利点もあります。

 

ただし、たとえ大手の不動産屋に仲介を依頼した場合でも必ずしも自分の理想や条件に合った物件が見付かるわけではなく、その街で独自のコミュニティを築いている中小規模の不動産屋に仲介を依頼した方が良い場合もあります。

 

大手不動産屋の中には敢えて優良物件を紹介せずに売れ残った物件から紹介してくる業者も少なからず存在していますので、大手だからと言って必ずしも安心できるわけでは無いという事を覚えておく必要があります。

 

優良の不動産屋の見極め方

 

家を紹介

日本国内には実にさまざまな不動産を取り扱う業者が軒を連ねていますが、数ある不動産屋の中から優良と呼ばれる不動産屋を見つける為にはそれ相応の労力と知識を身に付ける必要があります。

 

優良と呼ばれる不動産屋の条件としてはまず第一に「出し惜しみをしない事」が挙げられます。
不動産業者の中には優良物件を出し惜しみするだけでなく、売れ残りと言っても良いような物件から順番に勧めてくる不動産屋も数多く存在しています。

 

確かに不動産屋からすれば人気のない物件から先に契約が取れてしまえば儲けに繋がりますが、利用者側からすれば良い物件から先に勧めて貰った方が余計な時間を使わずに済むので、出し惜しみをする不動産屋はなるべく避けた方が無難と言えます。

 

そのため、優良の不動産屋を見極める際には必ず「最初に提案してきた物件が優良かどうか」を見ておくことが大切です。

 

また、法人や個人事業として事務所を賃貸する場合、保証金や前家賃と言った費用が必要となります。
銀行融資、株式の発行、ファクタリングといった資金調達方法についても予め検討しておき、優良な融資先やファクタリング会社等も不動産屋と併せて確保しておく事が望ましいと言えるでしょう。

 

中でもファクタリング東京は新規事業者や少額からの利用が可能なため、個人事業主や新設法人でも利用がしやすいと話題のファクタリング会社となっています。
資金繰りに悩む事業者様は一度相談してみても良いかもしれません。