物件の条件があまりにも魅力的に感じられた場合、住所などの詳細情報をチェックするべきです。

MENU

不動産屋の看板に掲載されている囮物件

 

不動産屋の多くは看板や広告に幾つかの物件に関する情報や詳細を掲載して顧客を募っています。
しかし、中には掲載している魅力的な物件を貸し出すつもりがなかったり、物件が貸せない状態に在るにも関わらず消費者が魅力的に感じられる物件ばかりを掲載する等、「囮物件」を使って顧客を募る悪質な不動産業者も少なからず存在しています。

 

悪徳商法イメージ

囮物件とはその名のとおり顧客を募る為の囮に使う物件のことを指しており、実際に物件を探している消費者を釣るための「エサ」のような役割を担っています。
たとえば広告や看板に掲載されている物件が気になって問い合わせたとしても、その時点で既にその物件は埋まっていると伝えられ、その物件と同等かそれ以上に魅力的な物件を紹介すると言われ来店を促されるというのが囮物件を使った一般的な集客方法となっています。

 

 

悪質なケースではそもそも物件そのものが存在していないにも関わらず広告や看板に掲載して顧客を惹き付けようとする不動産屋も稀に居ます。

 

 

囮物件を見極める方法とポイント

 

不動産屋の中には囮物件を使って顧客を引き寄せようと考える悪質な業者も少なからず存在していますが、囮物件を見極めるポイントさえ把握しておけば比較的、容易に囮物件を見分けることが出来ます。

 

囮物件の見極め方

まず第一に疑うべきは「相場よりも明らかに価格が安い物件」である場合です。物件を探す際は事前にその街やエリアの物件相場を把握しておけば、安過ぎる物件を見た時に違和感を覚える筈ですので容易に囮物件だという事が判断出来ます。

 

また、看板や広告に掲載されている物件の条件があまりにも魅力的に感じられた場合は問い合わせる前に「住所などの詳細情報をチェックする事」で囮物件かどうかを見極めることが出来ます。

 

囮物件の場合、記載されている住所が実際には存在していないことも多いので、まずはインターネットなどでその住所に何があるのかをチェックする事で囮物件かどうかの判断を下すことが出来ます。