初期費用を極限にまで抑えられるので、上手に利用すればお得に入居することができます。

MENU

敷金礼金ゼロゼロ物件

 

敷金と礼金に関する知識

3~4月になると新生活を始める為に多くの人が大都市圏への移住を始めますが、そういった人達は事前に必ず移住先で「賃貸契約」を結んで住居を確保する必要があります。

 

賃貸物件を探して契約を交わす場合、基本的には1~2ヶ月分の家賃と不動産屋に支払う仲介手数料、保険料といった諸々の費用が必要となりますが、そのほかにも「敷金」や「礼金」と呼ばれるお金を支払う事になります。

 

敷金は保証金のような意味合いを持っており、賃貸契約を結ぶ際に一定の金額を納める事で家賃の滞納退去時に修繕が必要となった際に掛かる費用がここから賄われることになります。

 

もちろん家賃の滞納金や修繕費よりも支払った敷金が多い場合は掛かった費用を差し引いて余剰分が返金される仕組みとなっています。

 

一方で礼金には大家さんや物件のオーナーに対して「部屋を貸してくれたお礼」の意味合いが強く、物件を借りる側からすると少し納得がいかない部分も大きいと言えます。この礼金文化は日本独自の慣習としても知られており、海外ではほとんど見られない「悪習として広く認知されています。

 

 

敷金礼金ゼロゼロ物件の概要

OKサインを出す男性

 

物件を借りる為の賃貸契約を結ぶ際に発生する敷金や礼金といった費用に納得がいかない人は多いかと思いますが、最近ではこの敷金と礼金の支払いを免除した「敷金礼金ゼロゼロ物件」が増えてきています。

 

敷金礼金ゼロゼロ物件とはその名のとおり敷金と礼金の支払いを必要としない賃貸物件の事で、借り手側は賃貸契約を結ぶ際に支払う初期費用を最小限に抑える事が出来るというメリットがあります。

 

ただし、敷金や礼金といった保証金が免除される分、家賃滞納への対処は厳しい傾向が見られます。
中にはたった一日家賃を滞納しただけで部屋を追い出されてしまったケースも認められており、社会問題として取り上げられる事もあります。

 

しかし、敷金礼金ゼロゼロ物件は初期費用を極限にまで抑える事が出来る為、上手く利用すれば通常の物件よりもお得に入居する事も可能になります。

 

物件購入までの流れ